快適な住まいのために、きちんと片付けたい

家で寝るだけの人は寝る専用の住まいを作り出すことによって、快適な部屋を作ることができます。

快適な住まいのために、きちんと片付けたい
快適な住まいのために、きちんと片付けたい

寝る専用の住まいを作る

家に帰って寝るだけということで住まいをあまりキレイにしていなかったり快適に過ごす工夫をしていない人がいます。でも睡眠時間は4時間〜7時間と長いです。それにお風呂に入る時間などを入れれば、寝に帰るだけという人でもけっこう家にいることになります。いい睡眠が取れればそれだけ日中を有意義に過ごすこともできます。寝るだけの住まいなのであれば快適な眠りができる部屋にしたほうがいいです。

部屋にゴミが溜まっていれば埃や塵などで呼吸器官がやられてしまいます。ゴミはちゃんと収集日に出すようにしなければなりません。また、本当に寝るだけなのであれば寝具しかいらないはずです。その他の物は物置などの収納場所にしまっておき、取りださないようにすれば部屋が散らかることはありません。そして余計なものを一切部屋に持ち込まないようにします。お店や街頭でもらう試供品などはいい例です。これらのものは貰わないようにします。食べ物のストックなども置かないようにします。たいていは賞味期限が切れたまま放置されるかネズミや虫の餌になります。キッチン用品も使わないのであれば処分しましょう。持っていても仕方ありません。ぬいぐるみなどは埃の元です。よほどの思い入れがない限り思い切って処分するか供養してもらいます。部屋の中をなるべくすっきりさせて寝る専用の部屋を作りましょう。

おすすめ情報