快適な住まいのために、きちんと片付けたい

住まいに関して、昔と違い今は悩む事が多いです。その中でも一軒家の購入は不景気の現在においてとても勇気がいります

快適な住まいのために、きちんと片付けたい
快適な住まいのために、きちんと片付けたい

住まいも昔と今でスタイルが変化しています

昔の住まいとして、一軒家の購入をすることはとても珍しいということはありませんでした。それは、現在と違い生涯住む家にするマンションは少なかった事、高度成長期などインフレ状態が続いていた事などが挙げられると思います。昔の人たちにとって自分の力を象徴するものとして、車などに似た感覚としても存在していたか、と思います。現代でも、一軒家にあこがれを持っている人は多くいますし、購入する方も多くいます。

しかし、昔と変わった点は、一軒家の購入に関してより勇気が必要になったことだと思います。その意味として、一番大きな影響を与えているのはやはり不景気である事だと思います。一軒家を購入するには、それなりの頭金が必要ですし、30年ローンなど将来を考えると、不安になる事が色々出てきます。他の理由としては、選択肢が増えた事があると思います。マンションの購入、賃貸マンション、シェアハウスなど他にも住まいを手に入れる方法が出てきました。それに家を購入しても、20年後には同じ価値はなくなってしまいます。ここからは個人的な考え方ですが、一軒家を購入するよりもマンションを10年置きぐらいに転々とするほうが、現代のとても変化する世の中に合った住まいではないでしょうか。