快適な住まいのために、きちんと片付けたい

住まいの電化でのキッチンなどの利用や、高齢者のためのになる便利さや経済的な可能性なども幾つか書いてみました。

快適な住まいのために、きちんと片付けたい
快適な住まいのために、きちんと片付けたい

住まいの電化とキッチン

住まいの電化は、昔から行われてきたことで、いまさら注目することでもないようにも思いますが、今までのガスやその他の熱源の利用よりも、大きな優位性が住まいではあるように思います。それが益々強化されてきたような感じもします。キッチンなども安全性の面からは、高齢化社会を見据えると、危なくないキッチンは重要です。電化された調理台はその点でも他のものより高齢者に向いていることは確かです。特に認知症などでは、それが特に必要で、バリアフリーのひとつのような感じもします。例えば、認知症の場合には、お湯をそのまま沸かし続けて、そのそばにいながら、ガスを止めることができないということも起こります。私もそれで父がヤカンや鍋を数個黒焦げにしました。

もしそれを自動的に制御してくれる設備であれば、火事の心配や、火傷などの心配もなくなります。それらは切実な問題になっているのです。高齢者の4人とか5人とかにひとりが認知症になるということですから、それが住まい自体で防げれば、とても大きな意義があります。命がだいぶ助かるということですし、医療費の負担もその分、減るという事になります。それが将来安価に導入できれば、とても助かるということになります。

おすすめ情報