快適な住まいのために、きちんと片付けたい

老人ホームに住まいを引越す積りなら希望するサービスを提供する施設の見学や体験宿泊を行って選択すべきです。

快適な住まいのために、きちんと片付けたい
快適な住まいのために、きちんと片付けたい

施設の見学や体験宿泊を行ってから選択すべき住まいの引越し先

日常生活に不自由を感じるようになって住まいを民間の老人ホームや高齢者向け住宅に引越そうと思っても、運営側が入居者ニーズの多様化に応じようとして様々な運営スタイルが行われていて複雑化しています。ましてや、要介護でないものの日常生活できない程度で公的施設に入居しようと考えても待機者が多いので、暮らし方等の希望条件に合う施設がすぐには見つからないのが実態です。従って、自分の希望する住まい方にぴったりする老人ホーム等に入居しようとするならば、慌てて物件を決めることだけは避けた方が良いでしょう。

有料老人ホームは最初から介護サービスを受ける施設と介護を受ける必要が出てから介護サービスを受ける施設及び介護が必要になったら退去しなければならない施設に分かれているので、最初に自分の入居目的や希望する暮らし方から候補の絞り込みが必要になります。次に、入居する場所や設備と介護体制等で入居費用が大きく変わるので、建物の新しさに惑わされず、受けたいサービスに注目し、めぼしい施設を数か所見学あるいは体験宿泊させてもらい、施設側の運営姿勢やスタッフの対応を直接見聞きし、肌で感じ取ることが必要です。更に、入居時に必要な一時金と共に毎月の費用に含まれるサービス内容を確認することと契約する場合は近親者の助けも借りて重要事項説明書と契約書を一字一句確認することが必要です。

おすすめ情報