快適な住まいのために、きちんと片付けたい

山里で住まいを提供して、若い人に移住してもらうプログラムについてのニュースを見ました。その内容と感想です。

快適な住まいのために、きちんと片付けたい
快適な住まいのために、きちんと片付けたい

山里の住まい提供プログラムについて

雪深い山里の再生プログラムに関するニュースをいました。その内容や、私の感想を書きます。その山里では、いくつかの一軒家が空き家になっていました。過疎化が進んでいました。空き家になっていると、雪が降る季節は大変です。雪かきする人がいないので、道が通れなくなれますし、雪の重みで家がつぶれてしまうかもしれません。そのため、移住してくれる人を募って、住んでもらう事が重要になったのです。プログラムでは家賃の補助や、生活を支援することで何組かの家族に住まいを提供する事に成功しました。

しかし、都会からの移住者は、雪の大変に苦労していていました。雪かきに不慣れなため、屋根の雪下ろしに2時間以上掛かったり、車がスリップしそうになったりなどの苦労があったようです。これには田舎暮らしにあこがれを持って、移住した人たちも慣れるに時間が掛かったと言っていました。これからも地域の活性を目指したプログラムは増えてほしいと思いました。しかし、移住する側の私たちはその地域での一番つらい季節を見て、体験してみる必要があるのだと思います。そして。これからも長く住んでいけるかどうかを判断した上で、移住を決断しなければいけないと感じました。

おすすめ情報